■プラステンアップを飲むタイミング。いつが効果的なの?

プラステンアップ 飲むタイミング

プラステンアップは一日スプーン一杯を飲み続けることになりますが、どんなタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか?
プラステンアップはいつ飲んでも構わないので、基本的には続けやすいタイミングで飲むのがオススメです。
ただ、プラステンアップに含まれる栄養成分を成長にしっかりと使うためには、夜に飲むのがベストですね。

というのも、日中は学校での日々の授業や部活動で活発に動くため、プラステンアップに配合されているアミノ酸が、体の疲れを癒すために使用されてしまうからです。

せっかくバランスよくビタミン、ミネラル、アミノ酸が配合されているので、それらが全て睡眠中に使用されるように、晩御飯の前後に飲むのがオススメですね。

夜寝る前歯磨きの後に飲む、というのもいいかもしれません。
ただ、中高生くらいだと寝るタイミングはその日によってまちまちになりがち。

夜更かししてついプラステンアップを飲むのを忘れてしまった、なんて日が続くとせっかくの効果も十分に実感できない可能性が高いです。
なので、毎晩確実に食べる晩御飯のタイミングをオススメします。

■意外と悩む…。プラステンアップを飲む時の水の量について

プラステンアップの使い方としては、牛乳一杯にスプーン一杯を溶かして飲む、というもの。

牛乳を嫌いなお子さんであれば、水で飲んでも問題ありません。
ただ、その時の水の量がちょっと気になりますね。

水の量でプラステンアップの効果が変わってしまうなら大問題ですが、実際にはそんなことはありません。
あくまで味や飲みやすさが変わるだけなので、効果への影響は心配しなくても大丈夫です。

ただし、『味』『飲みやすさ』を軽く考えると、しっかり続けて飲む習慣が根付きません。

プラステンアップ

ここは、お子さんに任せておくのがいいのではないでしょうか。
プラステンアップの口コミをみると、「味が薄い」と言っている人もいるので、「牛乳一杯」と同じくらいの水の量では味が薄くてまずいと感じるかもしれません。

スプーン一杯を水で溶かして飲むように言って、後は飲みやすい味に自分で調節してもらうのがいいでしょうね。

■まとめ

プラステンアップを飲むタイミングについては、栄養成分を日中の活動に消費してしまわないよう、夜にしておくのが無難ですね。
ですが、もし夜だと飲み忘れたり、お子さんの生活リズムに合わないようであれば、一番続けられそうなタイミングでプラステンアップを飲むようにしてください。

牛乳で飲まない場合、水で飲むのも問題ありません。
その場合は、牛乳と比べて味を薄く感じがちなはずなので、水の量はお子さん自身に調節してもらうと続いてくれやすいですね。