■プラステンアップは18歳でも効果あるの? 調べる方法は??

プラステンアップの効果は18歳でも実感できるのかどうかですが、身長への効果については年齢というよりも骨の成長が止まっているのかどうか次第になってきます。

身長の伸びについては、「成長ホルモンが有用」とか「遺伝で決まっているからどうしようもない」とかいろいろ言われますが、実際のところは骨に成長の余地があるかどうかが一番重要です。

成長期の子供の骨には、伸びしろである骨端線というものがあります。
ここに成長ホルモンが作用することによって骨が成長し、それにともなって身長が伸びる、ということです。

この骨端線は、男の子の場合18歳女の子の場合17歳をめどに閉じてしまうため、それまでの間に栄養や成長ホルモンによって骨を成長させる必要があります。

じゃあ18歳がプラステンアップを使っても効果がないの? というのは、ちょっと答えを出すのが急ぎ過ぎですね。
骨端線が閉じるタイミングには個人差があるので、18歳になってもまだ骨端線が開いている可能性はあります。

調べるには自費診療でレントゲンを撮るしかありませんが、保険が効かないとそれなりの費用になってしまいます。
もし、18歳で身長の伸びに悩んでいるのであれば、プラステンアップを使ってみることをおススメします。

骨端線が閉じてしまっていれば身長が伸びることはありませんが、18歳ころは身長以外にも体の様々な部分ができあがってくる時期。
その時期にプラステンアップでバランスよく栄養を補給しておきましょう。

■じゃあ17歳ならどうなのか、プラステンアップと年齢の関係

プラステンアップ
身長の伸びは骨の伸びしろ次第、そしてその伸びしろである骨端線は、男子が18歳ころ、女子が17歳ころに閉じてしまう。
ということを上で書きました。

では17歳ではどうなのか、というとプラステンアップの効果はまだ十分に実感できる時期です。

男子女子ともに、骨端線がそろそろ閉じてしまう時期ではありますが、それだけに身長の伸びが止まる前のラストスパートは頑張りたいですね。
もし、既に骨端線が閉じてしまっていて身長の伸びしろが無かったとしても、運動や勉強に忙しい時期の栄養補給にプラステンアップは向いています。
プラステンアップ
また、プラステンアップには休息ハーブのクワンソウも配合されているので、スマホやゲームなどで生活リズムが乱れがちな中高生の睡眠のリズムを整えるのにも効果的ですね。

骨端線が閉じているのかどうかは、レントゲンを撮ってみないとわからないため、はじめは不安があるかもしれませんが成長を狙えるラストスパートの時期、まずは3ヶ月程度使ってみて効果を確認してみましょう。

■まとめ

18歳、17歳頃は骨の成長が止まる時期でもあるので、プラステンアップを使って効果があるのかどうか気になるところ。
ただ、まだ身長が伸びる余地があるのかどうかは、自費診療でレントゲンを撮って確かめるほかありません。

身長に限らず大人の体になっていく大事な時期、なおかつ生活リズムや食事なども乱れがちになる時期でもあるので、不足しがちな栄養を補う意味でもプラステンアップを利用する価値は十分にありますね。

>>只今キャンペーン中!プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET