うちの子は伸びが止まってしまったのかしら?
と心配ならお子さんの年齢の平均身長を参考にしてみましょう。
最も身長が伸びる中高生の平均身長を年齢別に調べてみました。
身長の伸びには男女に差があります。

平均身長を知って、一般的に何歳でどのくらいまで伸びる可能性があるのか?

まずは平均を知っておきましょう!

男子の平均身長
・12歳(中学1年)152.5㎝
・13歳(中学2年)159.9㎝
・14歳(中学3年)165.4㎝
・15歳(高校1年)168.4㎝
・16歳(高校2年)170.5㎝
・17歳(高校3年)170.8㎝

女子の平均身長
・12歳(中学1年)152.0㎝
・13歳(中学2年)155.2㎝
・14歳(中学3年)156.8㎝
・15歳(高校1年)157.3㎝
・16歳(高校2年)157.8㎝
・17歳(高校3年)158.0㎝

中学・高校生になると、女子よりも男子の方が目立って背が高くなります。
また、男子は中学生の時期までは身長の伸びが著しく継続しますが、女子はあまり伸びていない。

男子で小学生までは身長が低くて前の方だったのに、中学を卒業するころには何十センチも身長が伸びて前の方になった!なんて良くある話です。

こちらの平均身長の統計は、文部科学省の資料を基にしているので、17歳までの年齢となります。
成長には個人差がありますので、一般的には身長が伸びる時期も17歳頃までで、それ以降になると身長の伸びが止まる場合が多くなります。
ただ特に男子の場合は20歳くらいまで身長が伸びる人もいますので、あくまでも一般的な平均身長となります。

貴重な成長期を活かす方法

平均身長の伸び方を見ていると成長期は人それぞれとは言え、中学生時代に伸びる子が多いことが分かります。
ということは、多くのお子さんが成長期を迎えるのは中学生くらいからということになります。

この大切な中学生の成長期の時期を見逃さず、
「栄養・運動・睡眠」を取り入れて大きく成長させる努力も必要です。

背の高さは遺伝的要素が強いと言われてきましたが、それは科学的にも否定されています。

確かに遺伝的要素も20%~30%ありますが、もし遺伝的な要素が全体を占めるのであれば日本人はもっと小さくないとおかしいですよね?

プラステンアップ
プラステンアップ

実はここ60年くらいの間で日本の平均身長が約10㎝も伸びています。

このことからも分かるように遺伝の要素は少なく、別の要素が大きく関わっているとされています。

適度な運動によって成長ホルモンの分泌を促進させるのも大切。

「寝る子は育つ」と言われているように、質の良い十分な睡眠も大切です。
プラステンアップ 睡眠

ただ、最も重要視されているのは「栄養素」です。

この60年で平均身長が10センチ伸びたと言いました。

そして60年間を振り返ると、運動量が減っている、スマホやゲームの普及で質が良く十分な睡眠を得ているかと言うとそうでもない。

最も変化したのは「栄養素」です。
食べるものが変わり、栄養豊富な食べ物を摂るようになった現代になったからこそ身長の平均年齢が高くなったと言っても良いでしょう。

身長を伸ばす、大きく成長するには「栄養素」が大きな割合を占めているとされています。

毎日バランスの良い食事を摂取することで、成長期に必要な栄養素を全て賄えているかと言うと難しい。
ですので、成長期の大切な時期だけ「成長サプリ」を栄養補助として飲んでいるお子さんも多くなりました。

成長期でより大きくなるために、偏った食生活をしているなら特に「成長サプリ」を取り入れてみませんか?

中高生には小学生とは必要な栄養素と栄養量が違いますので、中高生に特化した「成長サプリ」を選んであげてください。

⇒中高生に一番支持されている「プラステンアップ」