身長と朝食をとるかとらないかには、成長の幅に置いて差が出てくるのでしょうか?

身長と朝食の関係性をまとめるのとともに、朝ごはんとして食べるのにオススメな食材も調べてみました。

プラステンアップ 朝食

身長が伸びないことを悩んでいるときにその理由が知りたくなるものですが、医師や研究者でもないかぎり本当の理由にたどり着くまでは時間がかかるのではないでしょうか。

そこで家庭で注目したい身長の伸び悩みの理由として「栄養が十分であるか」という点が一番わかりやすいものとなりますが、中でも朝ご飯を食べているかということが重要なようです。

身長と朝食を食べるか食べないかということ、またそのメニューも大切なポイントのひとつです。

一体どんな朝食なら体に良くて、しかも子どもの成長に効果的なのでしょうか。


まず、朝寝坊などが原因で朝食を食べない子どもというのは増えているようですが、脳の活動エネルギーとなる糖分が無い状態で活動をしなくてはならないので「いつまでも眠い」とか「集中力に欠ける」といった状態になります。

こうなると友達が元気に遊んでいてもやる気が起きなかったり、中高生で朝練がある部活動に入っている場合はまさかの怪我をしてしまう可能性もあります。

また運動や勉強に必要なカロリーが足りないのでタンパク質から補おうとして、筋肉が成長しにくくなることも。

これが身長が伸びないひとつの原因だと言えます。

小中学生の場合はいくら給食でバランスのいい献立で食事ができても夕食でたくさん食べられたとしても、1日の中で見てみれば朝食の分が足りなくなってしまっているので補いきれません。

子どもの成長を考えるからこそ、できるだけ三食食べるように聞かせていくことが推奨されます。

プラステンアップ

次に、朝食はその内容によっても身長の伸びに関わってきます。

よくあるのが「パンだけ」とか「シリアルだけ」という炭水化物だけの食事で済ませてしまうパターンです。

昔は“ご飯とみそ汁に焼き魚”という旅館で出てきそうな朝ごはんが食べられていましたが、時代の変化も大いためかそういった文化も薄れつつあります。

しかし大人は百歩譲ってその内容でいいとしても、成長期にさしかかる子どもに対しては大人が献立に1品でも良いので加える努力をするのが推奨されます。

炭水化物だけだとエネルギーにはなりますが脳の活動ですぐに消費されてしまうので、できるだけ「たんぱく質」や「ビタミン・ミネラル」も取り入れたいところです。

そのためには、

  • パン+卵
  • シリアル+果物
  • エネルギーバー+野菜

ジュースこうしたプラスワンアイテムがオススメです。

身長は朝食を食べないことで全く伸びないということではありませんが、伸び率が悪くなったり最終的な数字に差が出るという可能性があります。

背を伸ばすためだけでなく、1日をスッキリ元気にすごすためにも朝ごはんは美味しく食べたいですね。

>>只今キャンペーン中!プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET