身長に良いレシピを身に着けることで、特定の食材が苦手だという子どもにも必要な栄養素をしっかり与えることができます。

そんな、身長を伸ばすレシピの中でオススメをご紹介しています。

プラステンアップ

身長にいい料理を大人が作っであげることで、子どもの食欲というのは大きく変わります。

“うちの子は少食だから仕方ない”と思う前にちょっとだけメニューを工夫したり、身長に良いレシピを取り入れて効率良く栄養素を吸収できるようにしていきましょう。

クリームシチューやクラムチャウダー

シチューはなんと言っても牛乳をたくさん使えるというのがメリットであり、しかも温めているのでお腹が弱くてもいくらか安心して食べることができます。

とはいえ、ホワイトソースを最初から作るのは大変なので市販のルゥで十分です。

ここで、水と牛乳の割合を変えて牛乳を多めにすると、とろみの濃厚なシチューになるのでオススメです。

また、投入する野菜としてビタミン豊富な「ジャガイモ」や「ブロッコリー」がありますが、これらは茹でるよりもレンジでチンすることで栄養素が壊れるのを防げます。

チンしておいて食べる時に付け合わせるようにすると、煮崩れもなくて見た目にも食欲をそそるでしょう。

野菜の肉巻き

野菜が苦手な子どもはとても多いので大人はついイライラしてでも食べさせようとしますが、それは逆効果なので肉と一緒に食べられるように巻いてしまうのがベスト。

豚肉は肉でありながらビタミンが豊富なので、タンパク質と同時にしっかりバランスの良い組み合わせで栄養素を摂れます。

味付けは塩コショウにようなシンプルなものよりも甘辛い照り焼き風味や蒲焼味にすると、ご飯も進むのでオススメです。

ちなみに、徐々に味付けを薄めにしていって、野菜だけでも食べられるようになるととても良いですね。

卵焼きのバリエーション

肉ばかりでなく魚を食べることも子どもの成長には欠かせないことですが、どちらかというと肉の方が好きという子が多いかと思います。

そんな時は「ツナ缶」や「サバみそ缶」の中身を少しほぐして卵に混ぜてから、だし巻き卵の要領で焼くと味も付いてとても美味しく食べられます。

魚の油は良質で体脂肪となりにくいので、肥満が不安だという親御さんにもおススメです。

さて、身長に良いレシピの工夫を挙げてみましたが要領としては、

  • たんぱく質とビタミン類のバランスをとる
  • 肉だけでなく魚も食べられるように工夫する
  • 野菜嫌いには濃い目の味付けから試していく

など、こうしたポイントを押さえておくと良いでしょう。

食べて栄養を摂らないことには、身長の伸びも筋肉がついて体が成長するということもありえません。

子どもに食事を任せるのはある程度の年齢を経てからでないと、下手をすればオヤツだけで満足する子になってしまうかも。

料理が苦手だったり嫌がる子に食べさせるのがストレスだという人は、簡単なレシピから工夫していけると良いですね。

>>只今キャンペーン中!プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET